よい作業環境のために妥協なき試行錯誤

こんにちは。
クリエイティブデザインラボの岩崎です。

前からずっと検討をしていたのですが、思い切って作業環境の使い勝手向上のためにトラックボールマウスを導入しました!
(金額の問題ではなく、スペース確保のめんどくささに腰を上げたのが正しい)

それがこちら
M-HT1URBKというものです。

ちなみに、M-HT1URXBKというものもありますが、どうやら同じもののようです。

エレコムの結構でかいやつです。私の掌よりでかい。

ちなみに、プライベートではケンジントンのExpertMouse 64325というトラックボールマウスを使っています

このトラックボールマウスは実に使い勝手がよく、欲しいところにボタンがあって、重宝しています。
であればこれを・・とも思ったのですが、調べてみると、色々とトラックボールマウスは種類があるわけです。

で、私にとっては、この手のものは大きくて手を動かさない方が負担が少ない・・・と感じ、M-HT1URXBKにしました。

大きなものを選んだとか言いながら、手にしてびっくり。ほんとにでかい(笑)

これに手を重ねるとこんな感じ

まだ慣れないので手の位置が落ち着かないですね。

見ての通りボタンが色々とついていまして、カスタマイズで割り当てることも可能。
このごちゃごちゃ感が男の子の心をくすぐるわけです(笑)

映像編集をやるので、どうしても使い勝手が良くて小さい動作で2画面の中をポインターを動かせるモノが欲しかった。

ちなみに私は、仕事道具に結構こだわります。

いい仕事をしたければ道具にこだわる。
次回はその必要性をお話します。

最後になりますが、このページはアフィリエイトやってないので、このページからとんで購入されても私には何の得もありません(笑)
なので、安心してお買い求めください

Follow me!

よい作業環境のために妥協なき試行錯誤” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です